減圧障害とその処置に関するアンケート調査
アンケート実施要項
◇ 実施期間
2021年2月28日(日)まで

◇ 調査主体
東京医科歯科大学

◇ 調査運営
クロス・マーケティング アンケート事務局

◇ アンケート情報の利用目的
アンケートでご回答頂きました情報は、統計的な処理を行い、個人を特定できない情報として使用されますので、プライバシーにかかわる情報が公表されることは決してございません。
東京医科歯科大学の個人情報の取り扱いにつきましては、こちらをご覧ください。

◇ この調査について
 減圧障害(減圧症及び空気塞栓症)とその処置に関するアンケート調査webページにご訪問いただき誠にありがとうございます。このアンケート調査は、厚生労働省労災疾病臨床研究補助金事業による「潜水業務における現場で出来る応急対応に関する調査研究」の一環として、レジャーダイビングに係る方を含め、業務として潜水全般に携わる皆様を対象に実施するものです。
潜水に特有の疾病である減圧障害には、再圧治療が有効であることはご存知の通りです。しかしながら、我が国における緊急時の再圧治療体制は十分でない可能性があります。例えば、再圧治療施設や専門医の不足、減圧障害に対する救急処置方法の標準化未整備といった点です。今回の調査研究では、これらの点についてガイドラインを示そうとするものです。これらは、潜水を生業とされる方々にとって有用なものでなければなりませんが、その検討に不可欠な減圧障害の実態に関する情報が不足しています。そこで、これらの実態を明らかにするために、減圧障害とその処置に関するアンケート調査を実施することに致しました。ガイドラインはこの調査結果を基に検討を進めていく予定です。
 今回の調査研究に際しては、学会横断的に複数の大学から潜水医学研究者の参画を募り、オールジャパンの体制で研究チームを組織しています。皆様にも、このアンケート調査を通じて是非研究に加わっていただきたいと思います。なお今回の調査研究による成果は、今後の労働行政や安全衛生施策の参考に用いられる予定です。
 アンケート調査に同意し、ご協力いただける場合には、「アンケート調査に参加する」ボタンをクリックしてください。アンケート調査のページに移動します。回答にかかる時間は約10分ほどです。多数の皆様のご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

研究代表者 柳下和慶(東京医科歯科大学)

推奨環境について
アンケートにお答えいただくには下記の環境が必要です。

OS / ブラウザ
・Microsoft Windows 8.1 / 10
Microsoft Internet Explorer 11
Microsoft Edge
Firefox
Chrome
・iOS 12 / 13 / 14
Safari

・Android 8 / 9 / 10
Chrome
  
その他の設定、プラグインについて
・JavaScriptを有効にしてください。
・Cookieを有効(受け入れる)にしてください。
お問い合わせ窓口
◇ アンケートの内容に関するお問い合わせ (質問内容やテーマについて等)
お手数ですが下記までメールにてご連絡ください。後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
調査協力: 株式会社潜水技術センター
お問い合わせ先: recomp-chousa@yahoo.co.jp

◇ アンケートのシステムに関するお問い合わせ (回答出来ない/ページが表示されない等)
調査運営: クロス・マーケティング アンケート事務局
お問い合わせ先: こちらの入力フォームからお問い合わせください。
RapidSSL
どうもありがとうございます。
今回のアンケートは終了させて頂きました。
「アンケート調査に参加」ボタンを押すと次ページよりアンケートが開始します。